このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

浅草を満喫した2年間

10年ほど前、2年間だけ東京の浅草に住んでいたことがあります。
その時が初めての東京暮らしで、関西から行ったので、馴染めるかなって最初はすごく心配でしたが、浅草ってけっこう下町っぽい雰囲気だったし、関東人と言っても浅草は地元の人が多く、みんな気さくで人懐っこい方ばかりだったので、ご近所さんともすぐ仲良くなれました。
浅草には観光名所が多く、初めての頃は雷門とか仲見世とか、花やしきにも行ったりしていました。
大勢の観光客がいて、人でごった返していて、さすがは東京だなって思いました。
一度「めぐりん」というバスに乗って、浅草を見て回った事もありました。
また雷門の前から人力車に乗ったこともあります。
その時たまたま浅草で有名な「もんじゃ焼き」のお店を見つけ、生まれて初めてチャレンジしました。
関西出身なので、私はお好み焼き派で、もんじゃなんて邪道だ!って思っていたのですが、予想以上に美味しくて完全にハマってしまいました。
浅草に住んでいた2年間は、週一で通っていました。