このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

正月明けの浅草散策

数年前の初詣、浅草寺に行った思い出があります。
人力車のお誘いをかわし、目に入ってきたのは、入り口の大きな提灯、鳥居から浅草寺まで、一本に伸びる大通り。
年明けということもあり、通りには沢山の人、賑やかでおいしそうな出店。
心も踊ります。
ここのおみくじは自分で指定された番号の引き出しを開けて、そこから1枚取るというもの。
なかなか楽しい。
結果は大吉。
ちょっと浅草の町を散策しても面白いと思います。
店先で焼いてくれる煎餅屋さん、老舗の刃物屋さん、外国人旅行客に人気がありそうな日本のお土産屋さん、味に定評がある天ぷら屋さん、呉服店などなど…懐かしい思いに包まれる町です。
浅草に来た目的は、和菓子で有名な、言問団子と長命寺の桜餅を買うためだったのですが、これが結構遠い道のりでした。
浅草寺から数十分歩いて、やっとの思いで団子と桜餅をゲットしました。
こちらも甘さ控えめで、和菓子の良さを存分に楽しむことができます。
お店の中で食べれば、一緒に出してもらえるお茶との相性もバツグンです。
正に、ぶらり散策といった言葉がよく似合う。
下町が懐かしくなったころ、また浅草に行ってみたいと思います。